[ 並び順を変更 ] - 在庫順 - 価格順 - 新着順
全 [40] 商品中 [1-40] 商品を表示しています

「Robot Miki」2006年 Zdenek Miler ズデネック・ミレル ズデニェク・ミレル

3,500円(税込3,780円)

子供向けの雑誌「オフニーチェク」で1960年代後半に連載されていた作品をまとめて一冊の絵本にした作品です。イラストとお話を担当するのはもぐらのクルテクシリーズでおなじみ、ズデネック・ミレルです。


「Napucanek」1947年

5,500円(税込5,940円)

「おでぶさん」と言うタイトルのこちらの絵本。なんともぐらのクルテクでおなじみ、ズデネック・ミレルの1947年の作品です。彼が最初に絵本を発表したのが1946年の「Tri musketyri」なので、絵本デビュー2作品目の貴重な作品です。


「Jak Krtek ke kalhotkam prisel(もぐらとずぼん)」1960年(初版) Zdenek Miler ズデニェック・ミレル

soldout

クルテクシリーズでも一番ポピュラーな一冊、「もぐらとずぼん」のチェコ語版ボードブックです。仲間たちの助けを借りて青いズボンを作ります。


「Cesty formana Sejtrocka」2003年 Zdenek Miler ズデニェク・ミレル

soldout

もぐらのクルテクでおなじみのズデネック・ミレルの絵本。何度か古本でも紹介している、馬車を牽くおっさん、シェイトロチュカ」の旅のお話。



「Byl jednou jeden Krtek」1982年

soldout

ズデニェク・ミレルと言えばおなじみ、チェコの国民的キャラクター、もぐらのクルテクの絵本です。もぐらとズボン、もぐらとじどうしゃの2編が収録されたお得な一冊です。


「Pohadkovy dedecek」1984年

soldout

「おはなしおじいちゃん」というタイトルの動物童話集です。もぐらのクルテクシリーズでもお馴染みのエドゥアルト・ペチシカが物語を担当しています。2


「Jak Krtek cestoval」1997年

soldout

「もぐらくんとぼうけんだいすき」のチェコ語版ボードブックです。ズボン、自動車を手に入れたクルテクが更なる高みを目指します。


「Jak Krtek zachranil zajicka」1991年

soldout

「もぐらくんとまいごのうさぎ」のチェコ語版ボードブックです。親からはぐれてしまった一匹のうさぎをクルテクが助けてあげるお話です。



「O zvedavem stenatku」1970年

soldout

しりたがりやのこいぬシリーズ3作が一つにまとまった絵本です。イラストはクルテクでおなじみのズデネック・ミレル。かわいらしいイラストが満載の一冊です。見返しのイラストもかわいいですよ。


「Ivanek hlupacek」1965年

soldout

「イワンのばか」ならぬ「まぬけのイワン」近年邦訳出版されたためご存知の方も多いでしょう。


「O vesele masince」1988年

soldout

「ゆかいなきかんしゃ」と翻訳され、日本でも出版されているので見たことがある方も多いのではないでしょうか。


「Pohadkovy dedecek」1968年

soldout

こどものための動物童話「おはなしおじいちゃん」と邦訳されているようです。もぐらのクルテクシリーズでもお馴染みのエドゥアルト・ペチシカが物語を担当しています。



「Kubula a Kuba Kubikula」1976年 Zdenek Miler ズデネック・ミレル ズデニェク・ミレル

soldout

「クマのクブラとクバ・クビクラ」というタイトルでアニメーションも上映されていたので馴染みはあるのではないでしょうか。熊使いと小さな熊のお話です。


「Kuratko a obili」1967年

soldout

クルテクでおなじみのミレルの絵本です。ひよことむぎばたけというタイトルで邦訳されていたようです。蛇腹式のボードブックで6枚のボード、12点のイラストで構成されています。


「Pohadkovy dedecek」1997年

soldout

こどものための動物童話「おはなしおじいちゃん」と邦訳されているようです。もぐらのクルテクシリーズでもお馴染みのエドゥアルト・ペチシカが物語を担当しています。


「Posmival se konipasek」1985年

soldout

クルテクでおなじみのズデネック・ミレルがイラストを担当するボードブックです。ヨゼフ・カイナルの詩にミレルがかわいらしいイラストを描いています。



「Jak se Martinek ztratil」1956年

soldout

エドゥアルト・ペチシュカとズデネック・ミレルというもぐらのクルテクコンビで送る絵本。といってもクルテクが誕生する一年前の1956年の絵本ですが。表紙に描かれている水兵の格好をしたかわいらしい子供、マルチーネクのお話。


「Byl jednou jeden Krtek」1992年

soldout

ミレルと言えばおなじみ、チェコの国民的キャラクター、もぐらのクルテクの絵本です。もぐらとズボン、もぐらとじどうしゃの2編が収録されたお得な一冊。


「O zvedavem stenatku」1992年

soldout

しりたがりやのこいぬシリーズ3作が一つにまとまった絵本です。イラストはクルテクでおなじみのズデネック・ミレル。かわいらしいイラストが満載の一冊です。見返しのイラストもかわいいですよ。


「Pohadkovy dedecek」1975年

soldout

こどものための動物童話「おはなしおじいちゃん」と邦訳されているようです。もぐらのクルテクシリーズでもお馴染みのエドゥアルト・ペチシカが物語を担当しています。



「Mesec s dvema grosiky」1958年

soldout

Koralkyと言うシリーズの、小冊子タイプの廉価版絵本です。「2グロシュ硬貨の入った袋」と言うタイトルの絵本で、ルーマニアのお話のチェコ語翻訳版。


「O nejbohatsim vrabci na svete」2006年

soldout

もぐらのクルテクでおなじみ、ズデネック・ミレルの絵本。初版は1963年で、「せかいでいちばんおかねもちのすずめ」という邦訳で近年翻訳出版されました。


「Kubula a Kuba Kubikula」1981年

soldout

「クマのクブラとクバ・クビクラ」というタイトルでアニメーションも上映されていたので馴染みはあるのではないでしょうか。熊使いと小さな熊のお話です。


「Robot Miki」1968年

soldout

子供向けの雑誌「オフニーチェク」で連載されていた作品をまとめて一冊の絵本にした作品です。イラストとお話を担当するのはもぐらのクルテクシリーズでおなじみ、ズデネック・ミレルです。



「Krtkuv den」 2000年

soldout

クルテクシリーズ「もぐらくんおはよう」のチェコ語版です。文字は少なめで、イラストを見て理解できる絵本なのでお子様にもオススメです。


「Kubula a Kuba Kubikula」1989年

soldout

「クマのクブラとクバ・クビクラ」というタイトルでアニメーションも上映されていたので馴染みはあるのではないでしょうか。熊使いと小さな熊のお話です。


「Moje stene」1983年 Zdenek Miler ズデネック・ミレル ズデニェク・ミレル

soldout

もぐらのクルテクでおなじみ、ズデネック・ミレルの絵本です。とぼけた顔をしたダックスフントが主人公のお話です。寝る場所を探してうろうろと歩き回りますが、なかなか見つからずヒドイ目に・・・。


「O zmrzle elektrine」1963年

soldout

表紙のイラストでもわかりますが、色鉛筆によるタッチでとにかくかわいいイラストが満載で、個人的にはミレルの絵本の中ではナンバーワンの1冊です。



「Krtek ve meste」1987年 Zdenek Miler ズデネック・ミレル ズデニェク・ミレル

soldout

もぐらの住む森に都市開発の波が!大人たちはクルテクたちを立ち退かせるために、あの手この手を使います。クルテクシリーズの中でもかわいらしいイラストが多いオススメの一冊。


「Pavoucek provaznicek」1988年

soldout

この豹の上に乗っかっているのなんだかわかります?蜘蛛なんです。あの気持ち悪い8本足の生物もミレルさんの手にかかるとこんなにかわいくなってしまいます。


「Kubula a Kuba Kubikula」1985年

soldout

「クマのクブラとクバ・クビクラ」というタイトルでアニメーションも上映されていたので馴染みはあるのではないでしょうか。熊使いと小さな熊のお話です。


「Cesty formana Sejtrocka」1977年

soldout

表紙のイラストにも登場している馬車を牽くおっさん、「シェイトロチュカ」の旅のお話。旅の途中妖精やオバケ、赤いトンガリ帽子の小人に出会うなど、かなりメルヘンチックな内容になっています。



「V kazdem lese je mys, ktera hraje na housle」1962年

soldout

ドイツで出版されたお話のチェコ語版。眠たそうな顔をしたネズミがバイオリンを奏でています。イラストを担当するのはクルテクでおなじみのズデネック・ミレル。


「O detech a zviratkach」1962年

soldout

エドゥアルト・ペチシュカ&ズデネック・ミレル。そう、クルテクコンビがおくる動物絵本です。表紙のイラストこそ、ベタッとしたタッチで近年のミレルを彷彿とさせますが、中のイラストは意外にも繊細で柔らかなタッチです。


「Cesty formana Sejtrocka」1982年 Zdenek Miler ズデニェク・ミレル

soldout

表紙のイラストにも登場している馬車を牽くおっさん、「シェイトロチカ」の旅のお話。旅の途中妖精やオバケ、赤いトンガリ帽子の小人に出会うなど、かなりメルヘンチックな内容になっています。


「Kycklingen och sadess lagen」1983年

soldout

クルテクでおなじみのミレルの絵本です。ひよことむぎばたけというタイトルで邦訳されていたようですこちらはドイツ語版のボードブック絵本です。



「O modrem kocourkovi」 2003年 Zdenek Miler ズデニェク・ミレル

soldout

クルテクでおなじみのミレルが描く仲間はずれにされる青い子猫のお話。ふわふわ感がにじみ出たイラストでとてもかわいいです。


「Jak Krtek ke kalhotkam prisel」1986年

soldout

クルテクシリーズでも一番ポピュラーな一冊、「もぐらとずぼん」のチェコ語版ボードブックです。仲間たちの助けを借りて青いズボンを作ります。


「Kuratko a obili」1981年

soldout

クルテクでおなじみのミレルの絵本です。ひよことむぎばたけというタイトルで邦訳されていたようです。蛇腹式のボードブックで6枚のボード、12点のイラストで構成されています。


「Krtek a paraplicko」 1991年

soldout

おなじみのモグラです。ズボンが欲しい。と言っていろんな仲間にズボンを作らせたり、自動車に乗ってみたりするモグラですが、今回はボロボロの傘を拾ってきました。


全 [40] 商品中 [1-40] 商品を表示しています
Top